晴れフレ岡山 −Supported by Readyfor

岡山生まれの夢を、岡山のみんなで叶える、
地域密着型クラウドファンディング
プロジェクトの
相談をする

オール岡山であなたの夢を応援!!オール岡山であなたの夢を応援!!

「岡山を盛り上げたい!」
そんな想いから、
地域密着型クラウドファンディング
「晴れフレ岡山」は生まれました。
それは、岡山の誰かがやりたいことを、
岡山のみんなで
「フレ!フレ!」と応援する場所。
中国銀行と山陽新聞社が
クラウドファンディングの
Readyforと手を結び、
県内のパートナーと共に
岡山を盛り上げていきます。

<運営主体>

  • 山陽新聞社
  • 中国銀行

<パートナー>

  • 一般社団法人 岡山経済同友会
  • 岡山大学

プロジェクト一覧

もっと見る

実行者の声

クラウドファンディングを実施した目的は、ゲストハウスの開業に向けたPRと、必要な資金の一部を集めることでした。
プロジェクトの公開中、特に、支援が思うように伸びなかった時期は、精神的に追い込まれて本当に辛かったですが、担当キュレーターが冷静に状況分析をした上で、次のアクションを設定したり、日々叱咤激励してくれたりしたことが、心の支えになりました。
無事目標金額を達成し、ゲストハウスのHPへの訪問者数が案件公開前と比較して20倍以上に増えたことには驚きました。
クラウドファンディングや自身の経験を、今後の活動を通して色々な地域の発展に還元していきたいと考えています。
田川 寿一
ゲストハウス ELEVEN VILLAGE 吹屋 代表

<実行プロジェクト>
岡山ふるさと村にオーガニックライフなゲストハウスを作ります。
クラウドファンディングを始める前は、自分の活動や想いをどうやって文章にし、共感を呼ぶページにしていけばよいか不安でしたが、担当キュレーターと日々やりとりをする中で、自分の想いを客観的に整理することができ、支援をしたいと思ってもらえるような内容になるまで、文章の作成のサポートをしてくれたことは非常に助かりました。
クラウドファンディングの経験を通じて、改めて自分の挑戦や想いに共感をしてくれる人や周囲の人の大切さを再認識することができたと感じます。
自分がかつてそうだったように、今後は何か挑戦をする人が一歩踏み出すきっかけとなる場をゲストハウスや色々な活動を通して作っていきたいと考えています。
山口 優理
UNI.HOUSE 代表

<実行プロジェクト>
岡山「UNI.HOUSE」で旅と人生がもっとワクワクするきっかけを!

プロジェクトの流れ

プロジェクトの申請
まずは、アイデアを申請しましょう。
READYFORの担当者が、お電話でサービスの紹介・アイデアのヒアリングなどプロジェクト準備のサポートをさせていただきます。
→ プロジェクトの相談をする
プロジェクトの掲載準備
審査に通ったら、プロジェクトの掲載準備が始まります。
想いが伝わるプロジェクトページと、魅力的なリターンを設定しましょう。
プロジェクトの公開
プロジェクトを積極的に発信し、目標金額の達成を目指します。
募集終了
プロジェクトが成立したら、まずは支援者に感謝の気持ちを伝えましょう。
プロジェクト実行 ・リターン送付
集まった資金でプロジェクトの実施・リターンの送付を行ない、
最後に支援者に報告をすることでプロジェクトは終了します。

よくある質問

プロジェクトの
相談をする
プロジェクトの相談をする